安心の暮らしを追求したセキュリティシステムを採用。

共用部と専有部をそれぞれ守る、「セキュリティシステム」を採用

エントランスホール、エレベーターや階段などの共用部と、住まいとなる専有部それぞれをガードできるよう、セキュリティラインを設定。住まう方が安心感に包まれて暮らせるよう、行き届いた防犯対策を採用しました。

オートロックシステム図

防犯カメラ
エレベーター内や駐車場など敷地内の各所に防犯カメラを設置しました。フロントオフィス(管理事務室)でモニターすることができ、映像は一定期間保存。いたずらや犯罪を抑止します。


参考写真

いたずらや犯罪を抑止します。
(レンタル対応)
チェーンゲート
外部車両の侵入を防ぎ、防犯性を高めるため、駐車場出入口にはチェーンゲートを設置。

Tebraキーシステム

ハンズフリーキー「Tebra」を採用。カバンやポケットにTebraキーを入れておくだけで、オートロックを解錠することができます。また、3m以内(一部除く)であれば、「Tebraキー」のリモコンボタンでも解錠できます(エントランスのみ)。42億以上(理論値)の豊富なキーコードにより高いセキュリティ性を保持します。

安心のデジタルマンションシステム
Windea(ウィンディア)

来訪者自身を画面に表示させることで、撮影されていると思い込ませ、犯罪抑制に効果的な「来訪者自画像投影機能」もついた、安心のカラーモニター付インターホンを採用しました。

  • ワイドビュー&ズーム機能
  • 別置カメラ映像
  • プレーバック再生機能
  • お引取り機能
  • 防犯セット・留守セット
  • ゆったりトーク

専有部の防犯対策

マグネットセンサー
セット状態で不法または無断侵入が発生した場合、センサーが感知。警報音を発し、すばやく通報します。全住戸の玄関扉や1階住戸の窓(面格子付窓、FIX窓は除く)に設置。

防犯合わせガラス
防犯合わせガラスを使用。2枚のガラスの間に挟まれた特殊中間膜(フィルム)がガラス破りによる侵入防止に効果を発揮します。(1階住戸バルコニー面のサッシ、Aタイプ1階洋室(2)及びDタイプ1階洋室(3)のサービスバルコニーに面したサッシのみ)

ディンプルキー
各住戸の玄関ドアには約5兆5千億通りもの理論鍵違い数を有した、不正解錠や不正複製が極めて困難なリバーシブルディンプルキーを採用。

可動ルーバー面格子
共用廊下に面する窓と1階妻側の窓および1階Aタイプ玄関の窓には、プライバシーと防犯面に配慮し、可動ルーバー面格子を採用しました。