構造

Structure

いつまでも住み続けられる建物品質を追求。

建物としての信頼性と居住性を高めた基本構造

1
二重天井
スラブと天井の間に設備配線や配管を設置するための空間を設け、将来のリフォームやメンテナンスに配慮しています。
2
二重壁構造
コンクリート壁と木軸の間に隙間を設けて、配線・配管類を敷設する二重壁構造。補修を容易にするための配慮です。(一部除く)
3
フローリングΔLL(1)-4等級
約150mm〜約230mm以上(住戸間は200mm〜230mm)のスラブ厚を確保。またフローリングには、LL-45等級の遮音性能を持つフローリングを採用しています。(一部除く)
4
ダブル配筋
主要な床は、コンクリート内に鉄筋を2列で配筋し耐震性のみならず耐久性も向上させるダブル配筋を採用しました。(一部除く)
5
溶接閉鎖型帯筋

柱イメージ図
(溶接閉鎖型帯筋)

柱の主筋を拘束する帯筋には、溶接閉鎖型帯筋を採用(一部箇所を除く)。横揺れによるせん断破壊を防ぐとともに、地震時に主筋が折れ曲がることを抑制する粘り強い構造となっています。
6
戸境壁
雨風を防ぐ妻側雨掛り外壁や、耐震壁の役割も果たす戸境壁は約180mm以上を実現。厚い壁が、耐震性はもちろん、断熱性や遮音性も確保します。
7
保温管先分岐工法
住戸内の給水・給湯管には、腐食や熱に強く、水質に影響を及ぼさないポリブテン管(樹脂管)を使用した、先分岐工法を採用。漏水を起きにくくする、耐久性に配慮した配管方法です。
8
温水マット(LDのみ)
床材の下に敷いた温水マットより放射される熱で、床から暖めるガス温水式床暖房。冷たい空気が溜まりやすい足元から暖めるので、足元の冷えを感じることがなく、エアコン等の温度設定より低めの温度でも、温かく感じられます。
断熱材

断熱材概念図

建物外部の環境に対して安定した室内温熱環境を実現するとともに、冷暖房効果を高め、省エネルギーを実現するために、外気に面した壁や屋根に断熱材を施しています。

建物としての信頼性と居住性を高めた基本構造

建物駆体のコンクリートは設計基準強度27N/m㎡〜30N/m㎡(杭・付属棟・外構除く)としています。30N/m㎡とは1㎡あたり約3,000tの重量を支えられることを表します。また、水セメント比を50%以下にすることでコンクリートの中性化が起こりにくい、耐久性の高いコンクリートとしています。また、鉄筋コンクリートの劣化対策として、鉄筋を包むコンクリートの厚さ(かぶり厚)は適切な厚さを確保しています。

構造躯体等では「等級3」の劣化対策等級※を取得
(住宅性能表示制度による「設計住宅性能評価」等級)

※劣化対策等級とは構造躯体等に使用する材料の交換等の大規模な改修工事を必要とするまでの期間を伸長するための必要な対策の程度のことです。※表示性能は部材自体の単体性能であるため、実際の住宅内での性能とは異なる可能性があります。

杭基礎

ボーリング調査で確認した地下の支持層に向けて、コンクリート杭を打ち込み、建物荷重をしっかりと支え、不同沈下などを防ぎます。

杭基礎概念図

住宅性能表示制度

国土交通大臣の登録を受けた第三者機関が「設計・建設」2種の基準で評価した、住宅性能評価書を取得予定です。そのため客観的で公平な評価が確認できます。

CASBEE取得

省エネ性能に優れている材料を使うなどの環境配慮、快適な室内、景観配慮などを含めた建物の品質を総合的に評価する「CASBEE」を取得しています。